故人

家族葬とは
密葬とは
直葬・一日葬?
社葬・合同葬?
無宗教葬

家族葬とはどんなお葬式?

家族葬というのは、大勢の参列者を呼んで行うのではなく、家族や親戚などごく限られた親しい人々だけで、故人との最期の時間を過ごすという形式のお葬式です。
特別こうでなければいけないという形式上の決まりごとがあるわけではなく、強いてあげるようであれば、故人とその家族がしっかりと向き合えるようなお葬式を
行うためのものと考えれば良いのではないでしょうか。

こうした家族葬という形式の葬式は現在希望する方がどんどん増えてきています。
それは、核家族化や都会でのライフスタイルの中で、義理などで大勢の方に参加してもらうよりは、本当に近しい間柄の人々だけでその時間を過ごしたいと
希望する方が増えてきているからと言えるでしょう。
また、闘病生活などで費用がかかったため、多くの費用をお葬式にかけることができないといった金銭面での事情もあるかもしれません。

そうした遺族の皆様の精神面・金銭面などの希望から出来あがってきたのが家族葬というわけです。
家族葬での葬儀について、その形式に特別な決まりはありません。
宗教や宗派がはっきりと決まっているようであればそれに則った形式で行うこともできますし、特別な宗教がなければ無宗教葬といった形もとれます。
また、故人があらかじめ考えていたプランがあればそれで行うこともできますし、故人の趣味や特技などにまつわる何かを使った葬儀というようにもできます。

大切なことは、家族が故人との最期の時間をいかに良い時間にすることができるか、というところにあるのです。
こうした家族葬を行う場合、故人の希望による場合などには問題は無いでしょう。
しかし、親戚や親しい友人などが葬儀への参列を希望した場合にどのように対応するかというのも大切なことです。
故人とその社会とのつながりを最期の時まで良い状態にするための方法を考えることも大切です。

また、満足感のある葬儀を行うためには、葬儀社選びも大切なポイントです。
実際に葬儀を行った多くの方が葬儀に対して後悔しているという現状もありますから、そうしたことの無いよう選んでいきたいものです。