故人

家族葬とは
密葬とは
直葬・一日葬?
社葬・合同葬?
無宗教葬

直葬・一日葬って何?

葬儀は本来は宗教的な儀式であり、形式を重んじるものでしたが、近年ではそうした形式ばったやり方を省略して、より実状にあった葬儀をしようという方も
非常に増えてきています。
特に核家族化が進んでいる首都圏などでは、大々的な葬儀をするというよりは、親しい家族や友人などだけで故人を見送るという家族葬や密葬といった形も増えてきていますから、
こうした葬儀の形態はこれからどんどん増えていくことが考えられます。

その中でも最も簡略化された形が直葬です。
直葬というのは葬儀を行わずにそのまま火葬を行うといった方法です。
何もせずに行うことももちろんできますし、お経だけでも火葬場であげてもらうということもできます。
これまでは身寄りの無い方などの場合の方法とされてきましたが、近年では特に葬儀にこだわらないという方も増えてきているのでこうしたケースも増えてきています。

直葬ではお別れの時間がゆっくり取れないからという理由で行われるのが一日葬という方法です。
葬儀というのは、通常お通夜と告別式がセットで行われるものですが、この場合には告別式のみ行うようになります。
この方法ですと故人とのお別れの時間もしっかりと取れて、それでいて形式的な部分をなくすことができるというわけです。

ごく親しい人だけで故人を送り出したいという方が増えている昨今では、こうした直葬や一日葬といった形はどんどん増えています。
しかし、こうした葬儀のやり方が思わぬ問題を引き起こすといったこともゼロではありません。
例えば遠い親戚や故人の友人などを葬儀に招きづらいということがあります。
ぜひとも故人の葬儀に参列したいという方が多い場合などには、そうした場を設けられないことによって、故人と社会とのつながりを無碍にしてしまうということにもなりかねません。
また、菩提寺がある場合には宗教観の問題から、お通夜と告別式をきちんと行いお経をあげるという方法以外のやり方は認められないということで、
お墓への納骨を断られてしまうということもあるようです。

こうしたトラブルの起こるケースがあるということも知っておきながら、故人や遺族の望む葬儀を実現するようにしていきましょう。