故人

家族葬とは
密葬とは
直葬・一日葬?
社葬・合同葬?
無宗教葬

密葬とはどんなお葬式?

密葬というのは、本来使われていた意味としては、社葬など後日改めて通知を出して葬儀を行う前に家族だけで行う葬儀とされていました。
公の葬儀を行う前に身内で行う葬儀なので密葬というわけです。

しかし、近年ではこうした公の葬儀がある前の葬儀というのではなく、密葬だけを行うというケースも非常に増えてきています。
その形式に特別な決まりはありません。
宗教や宗派がしっかりと決まっているようであればそれに従って行うこともできますし、もちろん無宗教であれば無宗教葬ということも可能です。

また、最近では生前に故人が葬儀のプランなどを決めているというケースもありますので、もちろんそれに従って行うということも可能です。
こうした場合の密葬は、最近では家族葬などとも呼ばれていて、ごくごく親しい身内の遺族のみで故人を送り出そうというこじんまりとした形を取るものが多くなっています。
葬儀をしようとすると、その参列者が大勢になってしまいその対応に追われて、思うようにお別れができないというようなケースもあると思います。
密葬の場合には、ごく親しい家族や親戚などだけで行う葬儀ですから、故人のことを思いながらみんなでお別れをすることができます。

核家族化が進み、親戚との関係性もどんどん希薄になってきている時代ですから、義理や付き合いで参列をしてもらうというよりは、本当に親しい間柄の人たちだけで
送り出したい・送り出して欲しい、そう考える方が増えてきているようです。
そのため葬儀社のプランの中にもこうした家族葬や密葬と呼ばれるようなものが増えてきており、従来よりもより柔軟に対応してくれるところが増えてきています。

葬儀はやり直しのできないものです。
もっとこうしてあげたかった、などの後悔が残らないようにするためにも、きちんと葬儀社を選んで希望に見合うような葬儀ができるようにすると良いでしょう。
そうすることで、残された家族の心も癒されて整理されていくことでしょう。