故人

家族葬とは
密葬とは
直葬・一日葬?
社葬・合同葬?
無宗教葬

無宗教葬・オリジナル葬ってどんなお葬式?

日本では近年、無宗教という方が増えています。
そうした背景もあり、葬儀も無宗教葬やオリジナル葬といったものを望むという方が少しずつではありますが増えてきています。

では、無宗教葬やオリジナル葬が具体的にどのようなものかというと、僧侶などの宗教関係者を呼ばないといったことは共通していますが、それ以外については
実は一概には言えないところがあります。
というのも、それこそ自由にどんな形式で行っても良いものなので、こうした葬儀の仕方の場合には決まりというものが無いからです。

無宗教葬でよく行われる音楽葬といったものの場合には、読経が無い代わりに故人の好きな音楽を流すケースが多いようですね。
中にはその場で楽器を生演奏するといったことが行われる場合もあるようです。
こうした無宗教葬やオリジナル葬の場合、通常の葬儀にも増して入念な打ち合わせが必要です。
また、故人が生前に自分で用意をしておくということもある程度必要と考えられます。
やはりこうした自由な葬儀を行うのであれば、故人の意向を存分に反映した葬儀をしたいと遺族は思うものだと思いますが、そのためには故人の意思を事前によく知って
おかなければいけないからです。

無宗教葬やオリジナル葬では祭壇の有無や作る場合の形式も全て自由です。
実際には仏式を参考にする方が多いようですが、飾る花に制限はありませんので、故人の好きな花で飾り付けるのが良いでしょう。
こうした自由で個性を尊重できる無宗教葬・オリジナル葬ですが、やはり年配の方にはなかなか理解されづらかったり、参列者がどのように対応していいのか迷うといった
ことも多く、まだまだスタンダードとはいえない状況です。
とはいっても、やはり無宗教の方も多く、個性を尊重したいといった希望を持っている方も増えてきていますから、ちょっとずつではありますが増えている葬儀の形です。
入念な打ち合わせをしておくことで、満足のいくお別れの時間を過ごせる葬儀になることでしょう。