故人

家族葬とは
密葬とは
直葬・一日葬?
社葬・合同葬?
無宗教葬

社葬・合同葬ってどんなお葬式?

社葬というのは会社名義で執り行う葬儀のことを言います。
こうした社葬が行われるのは、例えば会社の社長など重要な人物が亡くなった際などです。
関係各社などの弔問客も大勢訪れる中で行われる社葬では、会社の重要人物が亡くなってもこのように会社は問題なく運営ができているということを示す場でもあります。
後継者などがいる場合には、その後継者を中心とした態勢がきちんと取れていることを示す場にもなります。

死というのはあくまでも個人的なことではありますが、故人が重要な立場にいた人物であるような場合には、それだけではとどまりません。
そのため、社葬のような大々的な葬儀が必要になってくるわけです。
また、事前に故人の意向を確認しておくということも大切なことです。
会社の重要人物のために行う大々的な葬儀になってきますから、そこには当然故人らしさというものが反映されることが一番でしょう。
そうしたことを考えると、社葬の場合には特に生前の意思確認をしておくということが重要でしょう。

また、社葬の一種に合同葬というものがあります。
これは会社と故人の家族、もしくは故人の関係した数社の会社が合同で行う葬儀のことを指します。
故人の家族との合同葬の場合には、葬儀の費用は折半にしたり分担を決めたりして支払うことになっており、そうしたことは全て遺族側と話し合って決められます。
葬儀の形式についてもどういった宗教・宗派などで行うかといったことについても同様です。

また、数社で行う場合には、それぞれに分担を決めて行われることが多いのですが、時間が限られている中で親交の浅い者どうしが関わることになりますから
注意して運営していかなければいけません。

社葬の場合には事前に密葬などで遺族だけでお別れをして火葬まで済ませているという場合が多いのですが、合同葬の場合には火葬までの全ての工程を行うようになるのが特徴です。
社葬はこのように社会的な意味合いも大きな葬儀と言えるでしょう。